2007年11月10日

ココロハレ・キャンペーン 私のココロハレエピソードを投稿!

心が温かくなるエピソード

友人は飲食店を営んでいて、夫婦共働き。
母親の帰宅時間はいつも11時を過ぎるそうです。
子供さんは、小学2年生と、1年生の姉妹。
夕ご飯は朝つくり、レンジで温めて食べているんだとか。
掃除も、週1日のお休みの日にまとめてしているそうなんです。

そんなある日、いつもの様に夜11時過ぎに帰宅すると、
廊下から畳まで水で濡れていたそうです。時期は梅雨。
子供がいたずらをしたのか!と愕然としてところ。。。
いつもは寝ているはずの子供はまだ起きていて
「お母さんのお手伝いをしたかったの。。。嬉しい?。。。」
と、目をこすりながら姉妹が言ったそうです。
彼女は姉妹に「ありがとう」と言って抱きしめました。

結果としては仕事(後かたづけ)が増えてしまったけれど
「いつも疲れているお母さんの少しでも役に立ちたかった」と
子供の純粋な気持ちに感動しました。

仕方ないことなんだけど
仕事三昧で、子供の世話をあまりできないでいて、申し訳ない。。。と
彼女から相談を受けたことがありましたが
子供はちゃんとわかっているんだな。子供は親の背中を見て育つ。

いい話を聞いて、私が幸せな気持ちになりました。



posted by なつ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。